ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

ハンドリング- ロボット技術

| ニュース・お知らせ, 製品・サービス開発 | 09/26/2016


安川電機

ロボットが卵サンドを作るってのはどう?
日付:2016年09月26日
配信元:安川電機

日本の産業用ロボット技術はまだ世界で高いシェアを確保しているが、安川電機もそのリーディングカンパニーの一つだ。同社の「MOTOMAN」シリーズは、30年以上前に登場したヒット製品だ。最新鋭のタイプは「SDA10」となっていて、上半身だけの両腕で作業をする据え置き型だ。

安川電機は2012年7月にブラジルの子会社を統合し、産業用ロボットの生産拠点としている。サンパウロ近郊にあるのがmotoman.com社だ。表題の記事で紹介されている動画では、このSDA10タイプの両腕ロボットが、冷蔵庫から卵を取り出し、器用に殻を割って料理をする様子を見ることができる。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4