ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

ヤマハ発動機、パキスタン二輪市場に再参入 – ヤマハ

| ニュース・お知らせ, 経済・マーケット | 04/28/2015


ヤマハ

パキスタン二輪車製造拠点の稼動について
日付:2015年04月28日
配信元:ヤマハ発動機株式会社

ヤマハ発動機株式会社は、2014年4月から建設を進めていたYamaha Motor Pakistan (Private) Ltd(以下YMPK)の二輪車製造工場をこのほど完成させ、4月27日に稼動セレモニーを行いました。

新工場は、カラチ市のBin Qasim(ビンカシム)工業団地に20万m2の土地を確保し、延床面積17,000m2の工場建屋を建設、従業員約200人で操業を開始しました。稼動初年度である2015年は3万台の生産を予定しており、2020年には年産30~40万台規模を目指します。

 当社は、1975年に同国のDawood(ダウッド)グループと合弁契約を締結し、ヤマハブランドの二輪車製造・販売の合弁事業を行っていました。その後2008年に合弁契約を解消、2012年6月までは技術援助契約にのっとりDawoodグループによるヤマハブランド二輪車の製造・販売が継続されていました。以降、当社単独でのパキスタン再進出を模索し、2013年のYMPK設立、このたびの工場稼動に至りました。

 同国の人口は、現在約1億8,000万人で、2020年には2億人に達すると見られています。また、二輪車市場は人口増加に伴う旺盛な消費活動を背景に2014年には165万台に達し、さらに2020年には300万台を超えるものと予想しています。

 このたびの新会社設立・工場稼動は、需要が拡大するパキスタン二輪車市場への再参入であり、 新中期経営計画で掲げる「事業規模拡大」の具現策の1つです。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4