ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

拡大するヤマハのスマートパワービークル事業

| ニュース・お知らせ, 製品・サービス開発 | 07/31/2015


yamaha

新型電動バイク『E-Vino(イービーノ)』
日付:2015年07月31日
配信元:ヤマハ発動機

ヤマハ発動機は7月29日、新型電動バイク『E-Vino(イービーノ)』のプレス向け発表会を都内で開催。そこでSPY事業部の砂川光義事業部長は、ヤマハのSPV(スマートパワービークル)事業について説明した。

ヤマハ発動機では環境性能に優れた電動動力源をSPV(スマートパワービークル)と位置づけ、SPV事業部にて技術研究、商品開発をおこなっているという。

ヤマハはこれまで、『パッソル』『EC-02』『EC-03』と3世代・約20年にわたり電動2輪車の開発をおこなってきた。砂川部長は、「静かで滑らかで優しい乗り心地が評価され、徐々に市場浸透が進んだ。今後まだまだ可能性を持つ新しいカテゴリーの乗り物」と、期待を込める。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4