ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

植物工場、期待の産業から もうかる産業へ

| ニュース・お知らせ, マーケティング | 12/17/2014


vegetable plant

植物工場、期待の産業から もうかる産業へ
日付:2014年12月17日
配信元:日経産業新聞

光、温度、栄養素など植物に必要な環境を高度に制御する「植物工場」の運営に乗り出す企業が続々と登場している。
富士通は半導体工場として稼働していた福島県の工場を改変し、5月からレタスの生産・販売を始めた。東芝もフロッピーディスクを生産していた神奈川県にある工場のクリーンルームを利用して10月からレタスの生産と販売に乗り出した。

これまで植物工場は、工場建設の設備投資が巨額になりがちで、室内での栽培ノウハウも未成熟だったこともあり、黒字化は困難だといわれてきた。ところが、ここへきて売り上げを拡大し急成長する事業者が出てきた。「1日1万株を安定生産・販売できれば黒字化できる」という採算性がみえてきた。

この先、植物工場がさらに市場を拡大し、世界でも勝てる成長産業にするには、省エネ技術を駆使して環境負荷とコスト削減が欠かせない。加えて露地栽培では生み出せない商品を生み出すための技術開発も必要だ。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4