ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

トヨタ、人工知能を搭載する自動車の研究に5000万ドルを投資

| ニュース・お知らせ, マーケティング | 09/07/2015


2015_0904_Toyota

人工知能を搭載する自動車の研究
日付:2015年09月07日
配信元:トヨタ自動車

カリフォルニア州パロアルト発–トヨタ自動車は米国時間9月4日午前に開かれた記者会見で、5000万ドルを投じて、人工知能(AI)技術を道路や家庭にもたらすための共同研究施設をスタンフォード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)に設立すると発表した。米国防高等研究計画局(DARPA)の防衛科学研究室(Defense Sciences Office)でプログラムディレクターを務めていたGill Pratt博士が、5年間にわたるこの共同研究を指揮する。

半自律型技術は、自動車業界において現時点で既に普及しつつあり、前方車両との安全な車間距離を維持するACC(Adaptive Cruise Control)や、車両が車線内にとどまるように制御するLDP(車線逸脱防止支援システム)に利用されている。しかし、Pratt氏によると、高度な運転者支援の開発において、この段階までは容易に達成できる部分だったという。トヨタがスタンフォード大学やMITの支援を得て実現したいと考えている困難な部分とは、刺激に反応するだけでなく、周囲の環境に関する複雑な判断を下し、自然かつ人間の運転者に呼応して対応することのできる、スマートなマシンを開発することだ。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4