ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

パナソニック、ディーゼル車の排ガス浄化に参入 中国に工場

| Uncategorized, ニュース・お知らせ, マーケティング, 製品・サービス開発 | 11/09/2015


蘇州市

2018年度100億円規模を目指し本格展開
日付:2015年11月09日
配信元:パナソニック

パナソニックは9日、ディーゼル車の排ガスに含まれる汚染物質を浄化する事業に参入すると発表した。排気口のフィルターに独自開発の触媒を塗布する工場を中国江蘇省で12月に稼働させる。

まず排ガス対策が今後急ピッチで進む中国で100億円の売り上げを狙う。将来、欧米やアジアでの事業展開をめざす。

パナソニックは2010年に排ガスに含まれる粒子状物質を浄化する触媒を開発。このほど中国のエンジンメーカーから塗布作業を受注した。このため、グループ会社で、換気扇で世界首位のパナソニックエコシステムズ(愛知県春日井市)が事業化に踏み切る。

触媒は春日井市の工場で生産し、中国の新工場が塗布工程を手掛ける。ディーゼル車の排ガス浄化用触媒は高価な白金が使われるが、パナソニックはこうした貴金属を不要にするなどしてコストを下げられるという。

排ガス浄化向け触媒は世界的な需要拡大が見込まれる。特に大気汚染が深刻な中国では排ガス規制の強化が進む。中国工場で年50万個のフィルターを塗布できる体制を整え、成長分野とする自動車関連事業の強化につなげる。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4