ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

高機能シリンダー

| ニュース・お知らせ, 製品・サービス開発 | 09/18/2016


株式会社南部

ニッチ分野に特化して頂点到達
日付:2016年09月18日
配信元:株式会社南部

南武は自動車業界向け金型向け油圧シリンダーと製鉄・重工業向けロータリージョイントを中心に製造販売する。ニッチ分野に特化した経営戦略とグローバル展開が奏功し、2014年3月に経済産業省の「グローバルニッチトップ企業100選」に認定された。強みに磨きをかけるとともに、顧客の問題解決に向けた提案型企業を目指して製品開発に力を入れている。

顧客の困り事解決の中から開発した製品の1つが「Automatic Oil Cooling Cylinder(作動油自動循環シリンダ)」だ。ダイカスト金型に使われる中子抜き油圧シリンダーは金型による熱影響を受けやすい。そのため温度上昇による油圧シリンダーのパッキン劣化や油漏れ、作動油を冷却する水冷設備の付帯など課題が多かった。

通称「AOCシリンダー」と呼ばれる新型油圧シリンダーは、ピストンが作動する度にシリンダー内の油圧系統を作動油が循環する。作動時にタンク内の冷えた油が送り込まれるため冷却効果が高く、大がかりな水冷設備が不要。また、シリンダー内に混入した空気(エア)も作動油と一緒に排出されるため面倒なエア抜き作業もなくなる。14年10月の投入以来、顧客から高い評価を受けており引き合いも多い。

また、油圧シリンダー「QSシリンダ」は大径・小径の2段シリンダーで構成。ダイカスト金型の中子を引き抜く際と離型後でシリンダーを使い分けることで、鋳造のサイクルタイム短縮や消費エネルギーの削減につながる。投入から20年間続くヒット製品だ。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4