ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

神奈川の水素社会実現ロードマップ

| ニュース・お知らせ, 神奈川県内のお知らせ | 03/18/2015


神奈川県

「水素社会」の実現
日付:2015年03月18日
配信元:神奈川県

神奈川県は、「水素社会」の実現に向け、燃料電池車や水素ステーション、家庭用燃料電池(エネファーム)について、2020年度および2025年度までの普及目標や取組みの方向性を示す「神奈川の水素社会実現ロードマップ」を策定し発表した。

2020年度までに燃料電池車は5,000台の普及を、また、水素ステーションは神奈川県内で10~15分程度で配置できるように25カ所の設置を目指す。家庭用燃料電池(エネファーム)は、2020年度までに、2013年度(1万380万台)比で約10倍となる10万3,000台の普及を目標に掲げる。
燃料電池車は様々な支援策で導入を促進

燃料電池車の累計普及台数の目標は、2020年度が5,000台、2025年度が2万台から10万台。民間主体の取組みでは、燃料電池車の販売価格の低下や、バスやタクシー等に拡大するために耐久性や燃費性能などの基本性能の向上を図る技術開発を推進する。

行政主体の取組みでは、国の補助制度等と連携する形で、新たに購入費に対する補助や自動車税の減免などの導入支援策をはじめ、バスやタクシー等への導入促進に向けた支援策を検討する。新たに2016年度に市販が予定されている燃料電池バスを公営バスへ率先導入していく予定だ。また、東京オリンピック・パラリンピック競技大会等で選手や来場者、観光客等の輸送手段として、燃料電池自動車を積極的に活用することを検討する。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4