ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

神奈川県開成町 らせん水車を利用した少水力発電設備が完成

| レポート, 神奈川県レポート, 神奈川県内のお知らせ | 04/08/2015


kanagawa

らせん水車を利用した少水力発電設備
日付:2015年04月07日
配信元:世界の水事情

2015年3月31日、神奈川県の開成町でらせん水車を利用した少水力発電設備「あじさい公園発電所」の竣工式が行われた。

らせん水車を利用した少水力発電は、発電量は少ないが高低さが小さな場所でも設置できるのが特徴だ。この発電方式を採用したのは今回が神奈川県内では初めてのケースとなる。

あじさい公園発電所の発電量は約11,000Kwh/年で、これは一般家庭3世帯分の年間消費量に相当する程度と少ない。開成町では発電した電力のうち約1割を公園の街灯用に使用する他、残り約9割を売電する。この売電で得られる利益は年間約25万円になるという。

あじさい公園発電所の設置には、再生可能エネルギーの普及を啓発するという目的もあり、今後は学校の教材として利用する事も検討される。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4