ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

神奈川県、中小のベトナム進出支援 現地で貸工場

| 神奈川県内のお知らせ, 経済・マーケット | 07/24/2014


vietnam

中小のベトナム進出支援 現地で貸工場
日付:2014年7月24日
配信元:日本経済新聞

神奈川県は2015年度、ベトナムで貸工場を活用した中小企業の進出支援を始める。現地の工業団地の一角に、県内企業がまとめて進出できる体制を整えたうえで、準備段階から操業後まで一貫して支援する。

大手企業の生産拠点の海外移転や、東南アジアの経済成長を受け、海外進出を目指す中小企業が増えているのに対応する。

「神奈川インダストリアルパーク(仮称)」は現地の工業団地を活用する。進出企業には横浜銀行や東京海上日動火災保険などが連携し、進出計画や現地政府への申請、資金調達、労務情報の提供などの支援をする。

県は工業団地を整備・運営する事業者に、進出企業が支払う賃料の割引などを働きかける。県内企業がまとめて進出することで、稼働率を高められるといった利点を訴える。

黒岩祐治知事は24~27日にベトナムを訪問。ベトナムの計画投資省と経済交流に関する覚書を交わすほか、ハノイ市の近郊にあるクアンニン省の工業団地を視察する。15年2月にどの工業団地にするか決め、来年度に進出できるようにする。

自治体が中小企業の海外進出支援で現地の工業団地を活用する事例として、東京都大田区が06年にタイのバンコク近郊に設けた工業団地「オオタ・テクノパーク」がある。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4