ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

「超電導」現象を活用した蓄電システムを開発

| ニュース・お知らせ, 製品・サービス開発 | 04/15/2015


rtri

「超電導」蓄電システム
日付:2015年04月14日
配信元:公益財団法人鉄道総合技術研究所

鉄道総合技術研究所(東京)などが、一定温度以下で電気抵抗がゼロになる「超電導」現象を活用した蓄電システムを開発し、山梨県北杜市の試験工場で15日、報道関係者に公開した。大容量の電力を長期にわたって蓄えられ、自然エネルギーと組み合わせた電力の安定供給が期待されている。

直径2メートル、重さ約4トンの炭素繊維でできた円盤を真空容器内で高速回転させることで、電力を運動エネルギーとして蓄え、必要に応じて電力に変換する仕組み。円盤は超電導磁石の磁気で浮いており、摩擦が生じずエネルギー効率が高い上、劣化することがなく寿命が長いことが特徴だ。

今回完成した実証機は、直径2m重さ約4トンのフライホイールを最高回転数6,000rpmで回すことで、出力300kW、蓄電容量100kWhが得られる世界最大級のフライホイール蓄電システムとなります。

今後の予定
本システムは、今後、基本特性の確認・調整を行った後、山梨県が運営する米倉山大規模太陽電池発電所に移設し、本夏を目処に太陽電池発電および東京電力株式会社の系統に接続し、変動の大きい再生可能エネルギーの安定導入に向けた実証試験を開始する予定。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4