ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

日本製車両がタイに到着、バンコク都市鉄道向け

| ニュース・お知らせ, 製品・サービス開発 | 09/22/2015


JR

日本製車両がタイに到着、バンコク都市鉄道向け
日付:2015年09月22日
配信元:JR東日本

バンコクの都市鉄道パープルラインに使用される車両の第1弾(2編成6両)がタイ東部のレムチャバン港に到着し、21日、アーコム運輸相らが出席し、引渡式典が行われた。

車両はJR東日本グループの総合車両製作所が製造し、2016年1月までに全21編成63両をタイに輸送する予定。 

パープルラインはバンコク北部バンスーと北西郊外のバンヤイを結び、全長約23キロ。バンコクの地下鉄を運営するバンコクメトロ社(BMCL)が運営し、車両、信号・運行監視設備、変電設備、通信設備など鉄道システムの納入と軌道、駅設備などのメンテナンスを東芝、丸紅、JR東日本が担当する。2016年8月に商業運転を始める予定。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4