ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

JAXA: シャトル後継機の開発 米企業に技術協力を検討

| ニュース・お知らせ, 製品・サービス開発 | 07/26/2014


jaxa

JAXA:シャトル後継機の開発
日付:2014年7月26日
配信元:毎日新聞

米企業シエラネバダ社は、スペースシャトルの後継機について、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と技術協力を検討するとの覚書を締結したと発表した。

同社は「日本での打ち上げ、着陸の可能性も調べたい」としている。

この後継機は再使用型有人宇宙船「ドリームチェイサー」(全長9メートル、幅7メートル)。最大7人の搭乗を想定し、地球と国際宇宙ステーション(ISS)を往復する手段として期待されている。

同社は現在、米航空宇宙局(NASA)の支援も得て開発を進めている。計画では、1号機は2016年11月に米アトラス5ロケットで打ち上げ、帰還時にはスペースシャトルのように滑空して滑走路に着陸する。同社は「日本には、打ち上げや帰還をサポートするインフラが整っている」と日本を拠点にした運用にも期待した。

 JAXA広報部は覚書について、「将来に向けた技術協力の可能性を検討している段階」としている。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4