ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

インドで二輪車、四輪車工場の生産能力を拡大 – HONDA

| ニュース・お知らせ, 経済・マーケット | 03/28/2015


honda

インドで二輪車、四輪車工場の生産能力を拡大
日付:2015年03月28日
配信元:Honda

ホンダのインドにおける二輪車生産・販売現地法人のホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)と、四輪車生産・販売現地法人のホンダカーズインディア(HCIL)は、稼働中のHMSIの第3工場とHCILの第2工場の年間生産能力拡大を決定した。

HMSIの第3工場は、2013年6月に稼働開始した年間生産能力180万台の工場。今回、2016年中の生産能力拡大を目指し、約58億5000万ルピー(約111億円)を投資。既存工場敷地内に1ライン増設し、生産能力を60万台増強、年間生産能力240万台の工場となる予定だ。

2014年のインドの四輪乗用車市場は前年比約103%の約255万台、過去10年間で約2.5倍となっており、商用車と合わせた全体市場では世界第6位の規模へと成長する中、Hondaはディーゼルエンジン搭載の「シティ」や「モビリオ」など新型車を投入。8月には「アメイズ」の累計販売が発売から16ヵ月で10万台を記録するなど好調な販売を継続し、年間販売台数は約18万台となる前年比167%の成長を遂げました。今回の第二工場の能力拡大により、HCILの年間生産能力は12万台の第一工場と合わせて30万台となり、今後も小型乗用車市場を中心に拡大が見込まれるインドの四輪車市場への対応に備える。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4