ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

水を注げば発電…世界初、紙の容器の非常用電池 古河電池と凸版が共同開発

| ニュース・お知らせ, 製品・サービス開発 | 08/29/2014


magbox

水を注げば発電…世界初、紙の容器の非常用電池
日付:2014年8月29日
配信元:SankeiBiz

スマートフォンを30回充電できるマグネシウム空気電池を古河電池が開発した。何年でも放置しておくことができ、川の水や海水を注入するだけで発電が始まる。

古河電池と凸版印刷は29日、非常用マグネシウム空気電池「マグボックス」を共同開発したと発表した。紙製容器でできており、世界初という。水や海水を入れるだけで発電し、スマートフォン(高機能携帯電話)なら最大30回の充電ができる。

マグネシウム空気電池は、注水しなければ長期間、利用可能状態のまま保存できるため、災害時に慌てなくとも済む。注水する水は淡水でも海水でもよく、雨水や河川水、池の水などそのままでは飲用に適さない水でも発電できる。非常時でも手に入りやすい500ml入りのPETボトルで4回注水すればよい。

また、電池で使用した後のマグネシウム化合物をオーストラリアなど日射量の豊富な国に送り、金属に還元。金属マグネシウムを日本に再び送ることで、マグネシウムのサイクルを作る。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4