ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

米国も認める日本の新幹線 テキサス新幹線で経済効果4兆円超!

| ニュース・お知らせ, 製品・サービス開発 | 10/18/2015


efSET

米国も認める日本の新幹線
日付:2015年10月18日
配信元:川崎重工

JR東海の新幹線技術を導入して米南部テキサス州で高速鉄道の建設を目指す「テキサス中央高速鉄道」(TCR)は15日、計画が実現すれば2040年までの今後25年間に、同州に計360億ドル(約4兆2800億円)超の経済効果をもたらすとの試算を発表した。

TCRは21年に大都市ダラス-ヒューストン間で開業し、列車が片道1時間半以内で結ぶ計画。着工段階には入っていない。民間資金で進めるため、多額の建設費などを調達できるかなどの課題が残っており、経済効果を示して資金集めを加速させる戦略だ。

360億ドルは14年の州内の実質総生産(GDP)の約2・5%に当たる。

委託先の米調査会社が算出。建設期間を4年間として、延べ4万人超の雇用創出を見込む。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4