ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

デンソー、微細藻類を使ったバイオ燃料の 大規模実証設備を建設

| ニュース・お知らせ, 製品・サービス開発 | 08/19/2015


denso

自動車用のバイオ燃料
日付:2015年08月19日
配信元:デンソー Japan

トヨタ自動車系部品大手のデンソーは19日、来年4月から、自動車用のバイオ燃料をつくる藻の培養を本格的に始めると発表した。新たに熊本県天草市に大規模な施設をつくり、生産コストの削減などを研究する。2018年度ごろまでに量産の技術を確立し、その後の販売を目指す。

培養する藻は、温泉などに生息する微細な緑藻「シュードコリシスチス」。光合成で、二酸化炭素(CO2)を吸収し、軽油などを細胞に蓄積する。天草市の拠点では、これまでの愛知県内の研究拠点の70倍近い広さの敷地を確保。1年間に最大数十キロリットルの軽油をつくる。晴れの日が多く温暖で、藻の培養が進めやすいことから、天草市への立地を決めたという。

デンソーは、地球温暖化対策や原油の節約などに有効とみて、08年から研究を進めている。事業化に向けて、価格を普通の軽油に近い水準に抑えられるかどうかが課題という。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4