ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

日本精密株式会社 – 世界に誇る”日本のものづくり技術”


日本精密株式会社 – 世界に誇る”日本のものづくり技術”
nihonnseiki-othersnihonnseimitsu-fishing
 

日本精密株式会社は昭和53年に時計バンドメーカーとして設立されました。以来、金型加工技術等の精密加工技術をベースに営業品目を拡大。平成6年に宏和エンジニアリング(株)と合併しメガネフレームの製造に本格参入しました。

この間、生産の合理化、時計メーカーの海外シフトに対応し、昭和62年香港支社を設立。平成6年子会社をベトナムに設立し、海外戦略の基盤をつくり上げました。

また、当社の特徴として高付加価値ビジネスを推し進めるために、製品材料はセラミックス、チタニウム、プラチナなどを主力としております。

製品情報

  • 金属時計バンドの最大手
    当社の時計バンド製造・販売業務は、国内最大手の規模を誇ります。大手時計メーカーの系列に属することなく国内のメーカーはもとより、スイスの一流メーカーをはじめとする多くの海外有名メーカーに自社製品をOEM形式で販売をしており、揺るぎない信頼と実績を確立してきました。現在、時計バンド事業は大きく二つに分けられています。その一つは国内メーカーの海外への生産拠点シフト及び業界全体のコスト削減傾向に対応するべく香港現地法人を中心にステンレススチール製の低価格品を扱っている分野。もう一つは当社の主力分野であるセラミックス、チタニウム、超硬素材、プラチナなど高度な加工技術と品質管理が要求される素材を主力にした高付加価値製品の分野です。

 

 

  • メガネフレーム
    人の肌に触れるモノだからこそ、日本精密の製品づくりは緻密な理念に則ったベテラン社員の叡知を結集し開発しています。時計バンド製造で培った経験をベースに、いち早くチタニウム素材に着目。純粋なチタニウム製のフレームは軽量で変形しにくく弾力性に富み金属アレルギーが少なく、メガネで生活する人々にとって理想の素材です。さらに現状の技術やノウハウに甘んじることなくポストチタニウムをにらみ、カーボンファイバーやジェラルミンなどの新素材によるフレーム開発を積極的に進め、さらに人に優しい製品づくりをする企業であり続けます。

 

 

  • フィッシング用部品
    「釣り人」の道具に対するこだわりは並大抵ではありません。その高いニーズに答えているフィッシング用部品は日本精密の自信作です。チタニウム素材でも先端のデザインに対応する精巧な造りと軽量化を実現した加工技術は、多くのフィッシングファンに喜ばれています。
    [イオンプレーティング]
    真空装置内でチタニウムをイオン化し、窒素・炭化水素を反応させ表面をコーティングし色をつける表面処理技術。従来のメッキ技術を凌駕する耐久性・硬度を保ちます。日本精密の様々な製品に活かされています。

 

 

  • その他製品[静電気除去装置]
    小型・軽量・安全設計で信頼性の高い圧電トランス交流式を採用。離れたところからイオンを効率よく排出し、ハイスピードでの除電がたいへん好評です。工場などでの静電気トラブルを解決しています。
    [テンキー式電子ロック]
    金庫、ロッカーなど施錠が必要なもの全てに置き換えることができるテンキー式電子ロック。暗証番号を入力するだけ施錠・解錠ができるのが好評です。これからますます高まる市場ニーズへ一貫製造でお答えしていきます。

 

Ad Reference ID: 681531d79564c11f

No Tags

  

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

連絡を取るためにはログインする必要があります。

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4