ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

株式会社信貴造船所 – 信頼の技術で幅広いニーズにお応えします。


株式会社信貴造船所 – 信頼の技術で幅広いニーズにお応えします。
 

株式会社信貴造船所は、1934年に救命艇メーカーとして設立され、現在まで2万隻以上を製造販売してきました。

救命艇とは「海上における人命の安全のための国際条約:SOLAS条約」に基づき法定備品として国際航路において海難事故などの緊急時に乗組員が乗艇、本船から安全に脱出(船体放棄)し、救助活動も行なえる救命設備であり、1隻の乗艇人数は本船の定員数であります。

救命艇の本船搭載方法には本船の片舷傾斜を考慮し、船橋の右舷、左舷に搭載する方法と船尾に搭載する方法の二種類があります。
船尾に搭載されるのは自由降下式救命艇で、その他の全閉囲型救命艇、耐火型救命艇は船橋の右舷、左舷に各1艇搭載されます。なお、自由降下式救命艇の場合には救助艇が船尾船側に搭載されます。

製品紹介

全閉囲型救命艇

  • 全閉囲型救命艇とは
    全閉囲型救命艇は、一般貨物船(バルクキャリア以外)に装備され、本船デッキ上のダビットと呼ばれる装置に格納されています。
    緊急時には本船の電気系統の故障も考えられますので、救命艇は退船時、ダビットの安全装置を解除し、救命艇内よりダビットの操作(ブレーキの解除)を行うと、電力を使用しなくても艇の自重により進水し離船することができます。
    このような進水方法をとる救命艇をグラビティー救命艇といいます。

 

 

耐火型救命艇

  • 耐火型救命艇とは
    全閉囲型救命艇が持つ特性に加え、散水装置及び空気供給装置を装備した救命艇です。
    一般にタンカー及びガス運搬船など火災の危険性がある船に搭載され、炎上海域を脱出するに必要と想定されている10分間に消費される空気(人及び主機関)を供給するため、艇内に高圧空気容器が設置されています。
    また、炎上海域を脱出する際に艇表面の焼損、艇内温度の急激な上昇を防ぐ目的で、艇内に設置された散水ポンプを始動し、船底より吸上げた海水を散水パイプにより天蓋に噴射させ、艇の表面を一定の水膜で覆う様式となっています。

 

自由降下式救命艇

  • 自由降下式(フリーフォール)救命艇とは
    フリーフォール救命艇は、母船の船尾部に傾斜角度30~35度で搭載されています。
    艇の船尾部に取り付けられた離脱装置を艇内から操作することにより、海面へ目がけて自由落下する方式で離脱します。
    従来型救命艇に比べ、荒天時においても落下作業を安全かつ迅速に行うことが可能です。
    フリーフォール救命艇は、2006年7月1日に改正されたSOLAS条約第Ⅸ章に要求されるバルクキャリアに搭載することが強制化されました。
    その背景としては、バルクキャリアは比重の異なる荷物を積載していることが多く、波の影響などにより万が一船体に損傷を受けた場合、沈没までのスピードが速いことから、安全かつ迅速に脱出できるフリーフォール救命艇が最適であると考えられました。
    フリーフォール救命艇は、全閉囲型救命艇が持つ特性に加え、フリーフォール救命艇としての規則の要求を満足させた救命艇です。
    落下高さの1.3倍の高さからの落下に耐え得る十分な強度を必要とするため、船首部の形状には特徴があり、その強度及び安全性を追求した船型です。
    なお、フリーフォール救命艇は、本船から海面へ目がけて自由落下するため、定員は船尾ハッチより乗り込み、操縦者以外は船尾向きに着座することで落下時に人体に掛かる衝撃を極力抑えるよう考慮されています

 

津波・水害対応型救命艇(LIFE SEEDER)

  • 津波・水害対応型救命艇とは
    今後発生するとされている東海・東南海・南海地震による巨大津波は想定、数分で海岸線に到達し、近隣に高台や高いビルがなく、避難タワーなどの整備が難しい地域住民、特に幼児、高齢者、身障者、病人等の災害時要援護者が遠くまで避難することは困難であり、近隣に避難設備の設置が課題となっております。そこで、これらの住民の生命を守るため、弊社は国内唯一の救命艇専業メーカーとして、人員を乗せて高さ22mより落下し、人命の安全は勿論のこと、艇の損傷も無い自由降下式救命艇の特殊技術も活用し、救命艇製造開発技術による陸上設置型の新たな津波救命艇 LIFE SEEDER:ライフ シーダー:を開発いたしました。
    津波救命艇 LIFE SEEDERには2タイプあり、
    国土交通省 四国運輸局「津波救命艇ガイドライン」を承認取得し、 津波発生直近時における津波流速10m/sにおいて、正面衝突時の強度設計と許容加速度13G以下及び搭乗者に対してはHPC(頭部性能基準)100以下とするために緩衝材を装着したTYPEⅠと、島等の緩衝物や時間経過により津波高さや津波流速が低減されると予想される地域への導入を目的とした緩衝材を装着しないTYPEⅡがあります。
    弊社が開発した津波救命艇 LIFE SEEDERは他の類似製品と比べ、次のような優位性、独自性、利便性を有しております。
    ア) FEA解析による開発艇の形状に合った緩衝材、その取付アングルの開発により、より一層の衝撃時の人命に対する安全性が担保されております。
    イ) 仕様についても災害時要援護者に配慮し、船尾ドアの位置を地上高1mと低くすることによりスロープにて乗艇でき、ドアも大きく、担架等による乗艇しやすさを確保し、艇内は船尾ドアより平面で着座と担架設置を容易にし、バリアフリーが成されております。さらにゆったりとした空間を確保するため、艇内の最大高さ2.0m、最大幅2.3mといたしました。
    ウ) 艇体上部が平面・すべり止め加工が施されており、ヘリコプターによる救助時には待機場所として使用できます。
    エ) 三脚を備えた自立型で災害前後とも陸上設置が容易です。また、仮の居住区、倉庫等としても使用していただけます。

    なお、救命艇にはエンジンが搭載されておりますが船舶免許の取得、メンテナンス等を考慮し、津波・水害対応型救命艇にはエンジン搭載は行なわないこととなっております。

 

救助艇

  • 救助艇とは
    救助艇は、船外機を装備しており、4時間の連続運転に十分な燃料を搭載しています。
    また、満載状態において6ノット以上の速度にて走行する事が可能です。
    救助艇の外板は難燃性のFRP材料を使用し、艇内には浮力材を設置しているため、万が一艇が損傷し浸水状態となった場合においても、沈没しない浮沈構造です。
    さらに、最新のSOLASルールの要求を満たしており、作業スペースの確保、法定備品の格納庫の装備等、安定性を追究した救助艇です。

 

Ad Reference ID: 1305345441ae37a0

  

  

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

連絡を取るためにはログインする必要があります。

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4