ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

DocuMaker 院内ドキュメント作成/データ管理 – 株式会社ピーエスシー


DocuMaker 院内ドキュメント作成/データ管理 – 株式会社ピーエスシー
 

院内にあふれる書類作成業務をすべて解決。

HISデータ利用による記載の省力化や医事コスト送信までシームレスに実現します。
電子文書の全項目をDB管理して、統計・経時分析への拡張もできる文書作成/データベースソフトです。
電子カルテ化により、院内の様々な書類がペーパーレス化され、様々な業務がパソコンを使って行われるようになりましたが、承諾書や診断書などの書類や各科独自に作成している各種の用紙は紙運用されていることが多いようです。DocuMakerは患者基本情報の他に病名・入退院情報などの情報をHISとの連携で取得し、記載の省力化と転記ミスなどのリスク回避を行います。また、文書を作成するだけでなく、文書中の項目は全て集計・統計・検索など様々な二次利用が可能です。

書類作成

現場で記載(入力)を行うドクターやスタッフの作業効率を上げる為の様々な入力ツールをご用意しています。また、医療機関様毎・さらにその院内の部署毎での運用に沿った最適な文書フォーマットを作成できることも、効率UPにつながると考え、簡単にフォーマット作成ができる仕組みを作りました。今まで運用に苦労していた都道府県・政令指定都市の独自様式等も院内で簡単にDocuMakerで記載ができます。

フォーマット作成

文書フォーマットの作成はとても簡単です。スキャンした文書を下地として、書類上に入力エリアをマウスで配置していくことで作成できます。テキストエリアの他、日付(カレンダー入力)・時刻・HISからの連携項目・チェックボックス・計算式・条件式等、たくさんの入力エリアがあります。

 

データベースの入力項目を作る


各入力エリアは一つ一つにタグ情報を付与できます。タグ(キー)情報はデータベース化されて、二次利用できます。言いかえれば、「データ入力の専用画面を医療機関様であっという間に作ることができる」システムでもあります。

 

入力支援ツール

過去書類の入力内容を引用

定期的に作成が必要な書類や複数種類の同様な診断書については、既に記載した同様の書類をベースに作成する事ができます。また、この機能は、定型文書登録機能として利用する事もでき、過去書類から引用を行う等、登録済みデータの有効利用で、入力の手間を大幅に軽減できます。

 

クリップボードツール

HIS上の詳細な情報やHIS以外のシステムからの情報は連携機能構築を行えばDocuMakerで取得できますが、導入コスト上必要な情報全てはカバーできません。DocuMakerのクリップボードツールはコピーした履歴を保持することで、他システム上で連続して必要な情報を取得できます。

 

ワークフロー管理

書類作成の流れに応じて、下書き待ち、作成待ち、指導医作成待ち、承認待ち、発行待ち、送付待ち、終了など、必要なステータスを選択してチェック、管理していきます。「○日後までに下書き・・」等のフローを書類種別やフォーマット毎のプリセットにでき、自分に関係のあるToDoを検索することも可能です。

 

Ad Reference ID: 366535517393c69a

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

連絡を取るためにはログインする必要があります。

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4