ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

JCRファーマ株式会社 – 医薬品を通して人々の健康に貢献する


JCRファーマ株式会社 – 医薬品を通して人々の健康に貢献する
 

JCRファーマ株式会社は、国内製薬会社としてはかなり早い時期から遺伝子組換え技術を基盤としたバイオ医薬品の研究・開発を積極的に行ってきました。

1993年に、遺伝子組換えヒト成長ホルモン製剤「グロウジェクト」を発売、2000年頃より開発を始めた腎性貧血治療薬遺伝子組換えヒトエリスロポエチン製剤は2010年1月に国産初のバイオ後続品として製造販売承認され、「エポエチンアルファBS注JCR」として同年5月より発売しました。

そして、世界的に注目されている希少疾病分野をいち早く開発ターゲットとし、現在は、患者数が極めて少ない難病の一つであるライソゾーム病治療薬の研究・開発を進めています。

今後も日本を代表するバイオ医薬品会社として、JCR独自のバイオ技術を活かした一歩先を見据えた付加価値の高い新薬の開発に取り組んでいきます。

製品紹介

    JCRの主要製品について

    医薬品

  • 遺伝子組換え天然型ヒト成長ホルモン製剤『グロウジェクト®』

    「グロウジェクト®」は、1993年に製造販売承認を取得した主に成長ホルモン分泌不全などの原因による低身長の子供さんの治療を行う医薬品です。成長ホルモンは、脳下垂体から血液中に分泌されるホルモンのことで、小児期は身体を成長させ、大人になってからも身体の代謝を調節する大切な働きを担います。子供の患者さんが多いこと、一般的に投与期間が10年以上の長期にわたる事などから主に大病院や専門医院で使われる製品です

 

  • 遺伝子組換えヒトエリスロポエチン製剤『エポエチンアルファBS注JCR』

    「エポエチンアルファBS注JCR」は、国産初のバイオ後続品として2010年5月に発売しました。人工透析を受けられている方は貧血状態になる事が非常に多く、その貧血を治療する医薬品です。JCRのバイオ技術を駆使した製品で、開発に当たっては非常に多くの臨床試験数を実施しました。現在、国内ではキッセイ薬品工業株式会社とコ・プロモーションによる販売を行っています。

 

  • ホルモン剤,バイオ技術,医薬品,遺伝子組み換え,医療品,薬局

    ロイコプロールは、抗がん剤治療や骨髄移植による白血球減少症に用いられ、白血球の増加を促進させる天然型医薬品です。JCRは製造のみを行い、販売は協和発酵キリン株式会社が行っています。

 

 

  • 乳児用呼吸モニター ベビーセンス

    ベビーセンスは乳幼児突然死症候群(SIDS)を予防するための、1歳未満の赤ちゃんを対象として設計された呼吸モニターです。この製品は子会社であるファミリーヘルスレンタルが取り扱っています。

    乳幼児突然死症候群(SIDS : Sudden Infant Death Syndrome)

    乳幼児突然死症候群は、それまで何の異常もなかった赤ちゃんが、眠っている間に呼吸が止まって突然死亡してしまう病気です。日本での発症頻度はおよそ出生6000~7000人に1人と推定され、生後2カ月から6カ月に多いとされています。発症は年々減少傾向にありますが、日本でも1年間に148名の赤ちゃんがSIDSで亡くなっており、新生児期を除く乳幼児の死亡原因の第2位となっています。(厚生労働省「平成23年人口動態統計」より) 現在、SIDSの予測は不可能かつ原因も不明で、完璧な予防法も見つかっていません。

 

Ad Reference ID: 1495360ffad2835f

  

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

連絡を取るためにはログインする必要があります。

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4