ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

岩本清商店 – 石川県指定伝統工芸品・金沢桐工芸


  • 会社名: 岩本清商店
  • 郵便番号: 920-0854
  • 都道府県: 石川県
  • 市町村区・町名: 金沢市安江町
  • 番地: 15-43
  • ウェブサイト: http://www.kirikougei.com
  • 連絡先: info@kirikougei.com
  • 掲載日: 07/09/2013 5:06 am
  • 掲載期限: This ad has expired
岩本清商店 – 石川県指定伝統工芸品・金沢桐工芸
岩本清商店 - 石川県指定伝統工芸品・金沢桐工芸 - Image 1岩本清商店 - 石川県指定伝統工芸品・金沢桐工芸 - Image 2岩本清商店 - 石川県指定伝統工芸品・金沢桐工芸 - Image 3
 

石川県指定伝統工芸品・金沢桐工芸
当店は金沢市瓢箪町にて1913年(大正2年)に創業し、桐火鉢・桐工芸品を作りつづけてまいりました。 直売店・岩本工房もございます。
九谷焼・輪島塗・加賀友禅・山中漆器など、石川県には名の知れた伝統工芸が数多くあります。

金沢桐工芸とは
金沢桐工芸は、加賀百万石の伝統文化が今も息づく城下町・金沢が生んだ全国に類を見ない独自の伝統工芸です。雪国なればこその良質の桐材と、ろくろ木地師の技、そして加賀蒔絵の伝統が、金沢桐工芸の基礎を作り上げました。古くは江戸から昭和初期まで、暖房の実用調度として多くの利点を持っていた桐火鉢より発祥しています。1988年1月21日、石川県指定伝統工芸品に認定されました。

桐工芸というと桐箪笥を思い起こされる方が多いのではないでしょうか。九州の大川、広島の府中、新潟の加茂、福島の会津など、名産地はいくつもあります。金沢桐工芸は、桐箪笥に多く見られるような白木ではなく、表面を焼いて磨いた独特の焼肌をもつものです。焼肌に木地蒔絵――錆(サビ:漆と砥の粉を混ぜたもの)で盛り上げた肉上蒔絵――を施したものは、金沢独特の工芸品として他に類を見ません。 お雛様のお道具の中に一対の火鉢があるように、昔は嫁入り道具としても必需品でした。焼桐の肌は見ためにも優美であり、じつに柔らかなあたたかみがあります。また桐材は非常に軽く持ち運びしやすい、熱を外へ逃さず本体は熱くならない、発火点が高く脂けが無いので燃えにくいなどの理由で、火鉢として最適な材料だといえます。

1950年代までは、火鉢は暖房器具として必需品でした。金沢桐火鉢商工業協同組合があり、かなりの数の業者がいたものです。春・夏に木地を作って乾燥させ、秋に仕上げ、冬に完成品として売る、というふうで、当店でも家中に火鉢が山積みになっていました。しかし1960年代になると、電気や石油のストーブが出始め、燃料革命がおこり、火鉢は実用品ではなくってしまいました。いまではほぼ趣味品となっています。同業者は一気に激減、花瓶や小物に転換した業者だけが残りましたが、いまでは製造元も金沢に3軒しかありません。

焼無地豆火鉢の製作工程
作業の工程は、簡単にまとめると下のようになりますが、花生・火鉢などロクロ挽き加工のものと、板のものでは作業の工程が異なります。
桐は材質の関係で、ロクロ挽きの場合は、生木のうちに作業しないと、刃物が切れません。ところが、逆に板物は充分乾燥していないと、刃物が切れないのです。また、刃物もケヤキなどの硬い木と違って、刃を薄くしないと切れません。だから、いつも研いでばかりいます。
何故、焼くのでしょうか?と思われるかもしれませんね。箪笥のように平らな面ではないので、どうしても切削面が、多少荒れます。焼くとそれが燃えて無くなります。また、木目がより一層、際立ってはっきりします。また、シミや汚れがついて箪笥などには使えない材料も焼けば判らなくなります。また、表面が硬化する。汚れも目立ちにくいなど、焼くことにより様々な効果があります。そして、最大の理由は焼き肌特有の暖かみのあるぼっこりとした味が出ますし、蒔絵が引き立つということでしょう。


1. 製材


桐の原木を製材します。大まかな製材は木材屋さんにお願いしています。

2. 素地形成


挽物轆轤や旋盤、ルーター、ノコギリ、ノミ等を使用して素地を形成します。

3. 焼き


ランプ・バーナーで焼きます。

4. 煤落とし


回転刷毛で煤(スス)を落とします。

5. 磨き


回転布バフで磨き、ツヤを出し、表面を引き締めます。

6. 仕上


塗装をし、おとしをはめこみ完成です。蒔絵のあるものはこの後蒔絵の工程があります。
蒔絵は蒔絵師さんにお願いしています。

Ad Reference ID: 92851dbefb15d6d1

No Tags

  

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

連絡を取るためにはログインする必要があります。

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4