ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

2018年CES革新賞のエントリー受け付けを開始

| ニュース・お知らせ, 全国向け公募・募集 | 08/22/2017


ces-logo

2018年CES革新賞のエントリー受け付けを開始

日付: Aug 21, 2017
情報元: ビジネスワイヤ – 全米民生技術協会(CTA)

革新の世界的舞台であるCESを所有・運営している全米民生技術協会(CTA)は本日、2018年CES革新賞のエントリー受け付けを正式に開始したと発表しました。毎年恒例の著名な本アワードコンペは、技術業界で世界的に評価されており、ソフトウエアとモバイルアプリ、スマートホーム、車載インテリジェンス、ビデオディスプレー、仮想現実、ウエアラブル技術など、消費者向け技術の25カテゴリー以上を対象に、傑出したデザインや設計を称えるものです。2018年の新規カテゴリーとして、サイバーセキュリティー、スマートシティー、ロボット工学があります。


世界的技術イベント「CES®」

日程:
応募者は9月15日までに、ぜひ早めにご応募ください。先着200件まで、200ドルの早期割引が適用されます。受賞企業を11月9日に開催されるCESアンベールド・ニューヨークで発表し、受賞製品をベネチアンのベネチアン・ボールルームで開催する2018年CESの革新賞ショーケースで展示します。

詳細:
各製品カテゴリーを審査するのは、独立系工業デザイナー、独立系技術者、業界報道関係者の3人の専門家から成る審査団です。エントリーは、設計の質、美観およびデザインの質、使用/機能、ユーザー価値、独自の特徴や新規の特徴のほか、当該製品のデザインと革新を市場にある他の製品と直接比較した場合の違いに基づいて評価します。

受賞企業は、販促資産や製品パッケージでの受賞企業ロゴの使用、CES.techでの露出、『It Is Innovation(i3)』誌のCES特集号への掲載、革新賞トロフィーを含め、受賞以外にも革新賞の特典があります。

コンテストの全規定やオンライン応募についてはCES.tech/innovationをご覧ください。ご質問は InnovationAwards@CTA.tech にお寄せください。

CESについて:
CES®は、消費者向け技術のビジネスで力強い成長を見せている企業のための集まりです。50年にわたり、次世代の革新が市場に紹介される国際舞台となり、イノベーターや画期的な技術がその力量を試すことができる場としての役割を果たしてきました。CESはこの種のものとしては最大の実践的なイベントで、業界のあらゆる側面を取り上げています。全米民生技術協会(CTA)が所有・運営し、世界中のビジネスリーダーや先駆的企業が参加しています。CESのビデオハイライトをご覧ください。CESをオンラインのCES.techおよびソーシャルメディアでフォローしてください。

全米民生技術協会について:
全米民生技術協会(CTA)は、米国で1500万件以上の雇用を支え、米国の3210億ドル規模の消費者向け技術業界を代表する業界団体です。2200社を超す企業(80パーセントが小規模企業と新興企業で、その他の企業は世界で最も有名な企業に数えられています)が政策提言、市場調査、技術教育、産業振興、規格開発、ビジネス関係・戦略的関係の構築など、CTA会員の利点を享受しています。CTAはまた、消費者向け技術のビジネスで力強い成長を見せている企業が集う場となるCES®を所有・運営しています。CESから得た利益は、CTAの業界サービスに再投資されています。

Continue reading »

  

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4