ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

国内自動車メーカー8社および1団体で「自動車用内燃機関技術研究組合(AICE)」設立

| ニュース・お知らせ, 経済・マーケット | 05/21/2014


AICE

自動車用内燃機関技術研究組合(AICE)は5月19日、組合設立に関する発表会を開催した。

AICEに参加するのは、トヨタ自動車、日産自動車、本田技術研究所、スズキ、ダイハツ工業、富士重工業、マツダ、三菱自動車工業、一般財団法人日本自動車研究所の、国内自動車メーカー8社+1団体。発表を行った運営委員会 委員長 松浦浩海氏(本田技術研究所 主任研究員)によると、独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)も参加の方向であるという。

ICEが目指すのは、ディーゼルエンジンの後処理や、内燃機関の燃焼の研究。設立の背景にあるのは、各国の厳しい燃費・排ガス規制への対応などにより開発リソースが逼迫していること。それに加え欧州では、各社による協調開発の取り組みがあり、複数社の開発ニーズが一致する部分でコンソーシアムを組み、その技術をベースにした部分の上で競争が行われている。その上で出てきた技術にダウンサイジングやクリーンディーゼルがあるとする。

AICEの理念の1つは研究にあるが、もう1つの要素として挙げられているのが人材育成。

内燃機関研究に各社の予算および補助金が回るスキームを作り上げた部分もあり、大学における自動車関連の研究が増えていくのは間違いない。

AICEは日本の自動車産業のものづくりの高度化のほかに、産業を支える人づくりを目指していく。

*AICEはThe Research Association of Automotive Internal Combustion Enginesの略で“アイス”と読む。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4