ジャパン・ビズディレクトリ にようこそ [ 登録 | ログイン rss Google+ facebook twitter LinkedIn Pinterest

安川電機が脳卒中等による歩行障害に対する「足首アシスト歩行装置」を開発

| 製品・サービス開発 | 09/25/2013

株式会社安川電機

脳卒中等による歩行障害に対する「足首アシスト歩行装置」を開発
日付:2013年9月9日
配信元:株式会社安川電機

株式会社安川電機(代表取締役会長兼社長 津田 純嗣)は、このたび、足首アシスト歩行装置を学校法人芝浦工業大学国立大学法人広島大学、および株式会社スペース・バイオ・ラボラトリーズと共同研究し、開発しました。本装置の使用により、脳卒中等による歩行障害に対する歩容改善および歩行能力の回復が期待されます。今後、本装置の実用化・普及に向け、臨床研究を継続して治療効果を示すエビデンス(臨床結果)を収集するとともに、改良を重ね2015年に製品化予定です。

Continue reading »

2020年東京オリンピック開催までの経済効果「150兆円」試算 観光業の拡大が牽引

| 経済・マーケット | 09/09/2013

2020 Tokyo Olympic Wakasu Olympic Marina

開催までの経済効果「150兆円」試算 観光業の拡大が牽引 景気リスク懸念の声も
日付:2013年9月9日 23:07
ソース:産経ニュース

2020(平成32)年夏季五輪の開催地が東京に決まったことで、国内経済にも大きな波及効果が見込まれそうだ。民間予測の中では、道路や空港などインフラ投資の拡大などで、今後7年間の経済効果は「150兆円」に達するとの試算もある。

Continue reading »

2020年東京オリンピックの経済効果は推計3兆円

| 経済・マーケット | 09/09/2013

2020年東京オリンピックスタジアム

経済効果は推計3兆円 政権に「追い風」
日付:2013年9月8日 17:59
ソース:産経ニュース

2020年夏季五輪の東京開催に伴う経済波及効果は約3兆円と推計されている。経済再生を掲げる安倍政権にとって、願ってもない「追い風」。関連施設やインフラの整備で地方にも恩恵が及びそうだ。

東京都は、13-20年の国内経済への波及効果を2兆9609億円と試算。東京都で1兆6753億円、その他の地域でも1兆2856億円に達する見通しだ。

Continue reading »

2020年東京オリンピック決定で経済3団体そろって歓迎「日本に元気と明るさ」

| 経済・マーケット | 09/09/2013

2020年東京オリンピック

経済3団体そろって歓迎「日本に元気と明るさ」
日付:2013.9.8 09:39
ソース:産経ニュース

2020年オリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決定したことについて経済3団体は8日、そろって歓迎コメントを発表した。経団連の米倉弘昌会長は「大変喜ばしい。日本国民に元気と明るさをもたらし、東日本大震災の被災地に勇気と希望を届ける」と評価。「首都圏の再開発やインフラの整備、外国人観光客の誘致などに弾みがつき日本経済の回復も一層力強いものになるだろう」と展望した。

ソース元の記事を読む

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

  • ジャパン・ビズ - ""...

グループサイト

  • Ad 1
  • Ad 2
  • Ad 3
  • Ad 4